ハイブリッドな花子の本棚

マンガの紹介とネタバレをしています

ラブファントム1巻ネタバレ【大胆に自分から求める処女!?】

ど~も!花子です!

 

初恋胸キュンなマンガのご紹介

 

その名も「ラブファントム」

 

現在5巻まで配信されています。

 

 

さて、ファントムとは何だ??

調べてみたら‥

英語で、亡霊・幽霊・まぼろし等を意味する単語とな‥!

 

他に、車のロールスロイス社製の最上級リムジンの名前だったり

 

「オペラ座の怪人」に登場する人物の名前だったりする。

 

 

本題をマンガに戻すと‥

 

このマンガに登場する長谷という男が

職場の人達から”怪人”と呼ばれている事に由来するようなのです。

 

 

長谷は優秀でおまけに美男子


人間枠を超えちゃっていると言う意味で
”怪人”と呼ばれていたのだ。

 

 

そんな仕事が出来るホテルのイケメン社員と

ドジばっかりしている冴えない同じホテル内のカフェ店員
平沢百々子(23)が

 

ホテル38階にある空中展望台で
出会う事から話は始まるのです。

 

 

男はいきなり百々子にキスを…!?

 

それから2人は付き合う事になるのですが‥

 

まー!!会えばぶっちゅぶっちゅキスばっかりしている2人!

 

 

百々子の方から

私の部屋に来ませんか?と誘う始末。

 

 

そんな大胆な事を言う百々子は

恋愛経験豊富かと思いきや!?

 

まだHをしたことがなかった!

 

 

ある日、突然百々子の家へやって来た長谷に

 

上がってくださいと言うと‥

 

ここ(玄関先)でいいと断られてしまう。

 

 

百々子は軽い女だと思われたと思い涙ぐむ。

 

 

部屋に来ませんか?と言ったのは

長谷があまりにも多忙で疲れていたから‥

休ませてあげようとしただけだったのだ。

 

長谷もそれを察し、百々子を抱きしめる。

 

そしてまた、百々子はキスをせがむのだった‥。

 

 

キスをしたままベッドへ
なだれ込む2人‥

 

 

長谷は百々子の首にキスマークを付ける。

 

そして、あなたのペースでいいよと
優しく頭を撫でる。

 

 

長谷はその日を境に、ちょくちょく
部屋に来るようになったのだが‥

 

 

いじっては帰る日々‥長谷は必ず帰る。

 

 

百々子は、泊まってくれても良かったのに‥
と思うのであった。

 

 

そして長谷は今日も帰ろうとする‥。

 

 

長谷の事が好きでたまらない百々子は
後ろから抱きつき、「好きです」と告白する!

 

そして‥

 

今日‥泊まって‥いきませんか‥‥?

と言うのだった!

 

 

長谷は、その意味、本当にわかって言ってるか‥?

 

‥もし、そうなって、途中で嫌がって泣こうが

 

やめてやるほど人は好くないぞ、俺は。

 

だいたい、いつももう少し考えて行動を‥!!

 

 

百々子の方から長谷のマフラーを引っ張り

キスをしてきた!!

 

 

 

その気になってしまった長谷は

キスをしながら百々子を床へと倒し

濃厚なキスを続けるのだった!!

 

 

良い雰囲気で盛り上がっていた所に

 

コンコンっと、玄関をノックする音が!?

 

 

百々子ちゃん?大家です。

 

今晩は!

 

いる?

 

さっき物音したけど大丈夫?

 

 

大家さんの呼ぶ声に応えず2人は
一線を越えようとしていた‥

 

 

長谷が百々子のブラウスのボタンを外し

首にキスをする‥。

 

 

百々子ちゃん?

 

ー百々子ちゃんいる?

 

お話があるのだけど‥

 

百々子ちゃん

 

百々子ちゃーん?

 

おかしいわねぇ~

 

百々子ちゃーん?

 

‥‥

 

 

大家さんの執拗な呼びかけに
行為を続ける事を断念した長谷は

玄関のドアを開ける。

 

 

大家はこのアパートが古くなってきたから

取り壊す事になったと言うのだった‥!

 

 

 

それがキッカケで長谷の家で
一緒に暮らす事になるのだった‥。

 

 

抱きかかえられベッドのある部屋へと行く。

 

 

 そして‥長谷と初めての‥

 

 

  

ラブファントム1巻無料で立読み出来ます!

 

まんが「村祀り(むらまつり)」5巻・第8章 ネタバレ 【平将門の首塚】

どうも~花子です!

 

2017年3月23日に配信された

「村祀り」5巻のネタバレです。

 

舞台はアフリカ、ナイル川のほとりから始まります!?

 

いつものように、表紙がエロチックです!

 第8章 怨鬼の村①

舞台はアフリカ、ナイル川。

 

日本の武将「マサカドの宝」を届けにクルーザーに乗り、

ナイル領域の族長の屋敷へと向かう三神と蓬ライ。

 

屋敷の中へと通された2人。

 

そこには裸の美女に囲まれた浅黒い肌の男がいた‥。

 

お宝の将門の刀を手に取りご満悦の様子。

 

三神が刀の由来を詳しく説明する。

 

族長は、適当に説明していたら‥

 

可愛いギュスターヴのランチにしていたよ。

 

 

 

使用人達が羊を連れてきて中庭の池に放り込んだ!?

 

 

すると‥

 

池から大きな怪物のような生き物が現れ

 

使用人もろとも羊を呑み込み、

池の中に沈んでいった!!!

 

 

ギュスターヴとは、

人食いワニにつけられた名前だった。

 

 

族長に「将門の首塚」についても気になると言われ

 

 

三神たちは日本三大怨霊と言われる

「平将門の首塚」を探す旅に出るのであった‥。

 

 

日本に戻った2人は

「天海村」という名の湖に臨む村へ‥。

 

 

村のサナトリウム(療養所)へ潜入する。

 

 

そこで出会ったのは‥

 

妖艶な女医と

いわくありげな老人だった‥!?

 

 

 首桶は湖畔の村に眠る…。

 

 

続きが気になるという人は
ここをクリック!

村祀り5巻

無料で立読み出来ます。

 

 

こんなエッチな表紙は
人に見られると恥ずかしいよね~!

特に女子は(笑)

だから私は電子書籍で読んでます!

超~変態なJKが主人公の漫画!? パラフィリア~人間椅子奇譚~ネタバレ 

ご無沙汰~!?花子です。


久しぶりにハイブリットな漫画を見つけたので
ネタバレしちゃいます!

 

ナント!

女子高生が椅子になっちゃう???

 

正しくは、椅子を改造して、椅子の中に入って
好きな人の感触を椅子越しに感じて楽しむ‥ってお話です。

 

 

幼少の頃、両親の死をきっかけに

他人と目を合わせることが出来なくなった瞳子(とうこ)は

 

いつも友達から変な目で見られ、虐められていた。

 


そこで、誰も自分の事を知らない女子高へ入学したのだったが‥。

 

ある事で、憧れの生徒会長・神楽木マリに

優しくされたのをキッカケに瞳子は

 

椅子として生きたい

 

という奇怪な願望を抱くようになった。

 

 

 

妄想を実行に移すべく瞳子は、

神楽木先輩がいつも座っている

ソファをくり抜き、その中に‥。

 

神楽木先輩の身体の感触を

椅子の中から感じ、誰も知らない
隠微な世界を楽しんでいた。

 

次第に瞳子は学園の裏の顔を目撃する事に‥。

 

女子同士の恋愛、先生との不倫、

殺人、レイプ‥!

 

 

‥と、変態なJKのお話なんです!

 

 

このマンガは、あの江戸川乱歩大先生の作品

「人間椅子」から着想を得たという事です。

 

江戸川乱歩先生の話では、椅子に入るのは

醜い顔の椅子職人をしている男なのですが、

 

このマンガでは、女子高生の設定で

女の園を舞台に猟奇的な物語が展開されて行くのです。

 

 

江戸川乱歩の「人間椅子」は、短編小説で
何冊か発行されています。

 

1925年(大正14年)に書かれたという。

 

 

何ともこの表紙の絵がエロキモ?で

ガイコツの様な女体の様な‥。(よく分からんw)

 

 

こちらの本にも江戸川乱歩の「人間椅子」が掲載されています。

※ 絵をクリックすると立読みできます。
  ⇩

 

漫画の紹介が、いつの間にか(いつものように(笑))
小説の紹介になってしまいましたが

 

 

 

小学館のWebサイト・
やわらかスピリッツにて現在連載中です。

  ⇩

www.yawaspi.com

しかし、新しい話が配信されると
前の話が読めなくなります(>_<)

(現在は、第1話と11話が配信されています。)

 

 

 

【漫画】パラフィリア~人間椅子奇譚~は

現在1巻が発売中です!

(第1幕~6幕まで掲載されています。)

 

 

ここをクリックすると
登録無料で立読み出来ますよ。

⇒パラフィリア~人間椅子奇譚~

 

 それでは変態JKのお話をお楽しみ下さい(^_^)/

まんが「村祀り(むらまつり)」4巻・第7章 ネタバレ 【千年経っても生き続けている尼さん⁉】

どうも~花子です!

 

引き続き、「村祀り」4巻のネタバレです

 

舞台を違う村へ移し、不老不死伝説の謎に迫る!

 

 第7章 土鼠 の村

 

三神と園山は漢方薬の行商のふりをして
山奥にある八万下村に来ていた

 

その村のさらに山奥に

「四万奇村(しまきむら)」という集落があるという

 

その村には

千年も生き、全く年を取らない尼さんがいた

という伝説があると村長から教えてもらった

 

その伝説の話を聞いている最中、雨が次第に強くなり
四万奇村の方で、鉄砲水が起きたと知らせが来る

 

 

村の一番若い男(と言っても50歳)に
村の様子を見てくるように村長が言う

 

男が村に着いてみると、土蔵が崩れていた

 

中を確認すると、建物の下敷きになって1人死んでいた

 

しかし、背後から人が歩く音が‥

 

振り向くと、そこには雨に濡れ
体のラインがはっきり分かる
髪の長い若い女が立っていた!

 

その女は突然、何も言わずに
石で男の頭を殴り、殺してしまったのだった!

 

 

 

次の日、三神と園山は四万奇村へと向かう

 

三神は崩れた土蔵の中へ入ろうとしたその時

 

「そこで何をしている!?」

と、村長にとがめられ、村を出ていくように言われるのだが

 

日が落ちそうなので、一晩泊めてもらえないかと頼み
空き家に泊めてもらうことになった

 

 

三神が不老不死の伝説に興味ががあると言うと
村長は明日、ゆかりの場所を案内してやってもいいと言う

 

村長は、意外といい人だった

 

しかし、実は三神達に土蔵の秘密を知られないように
村の中で殺す計画だったのだ

 

 

夜中に園山は、こっそりと民家を出て
トイレが無いので草むらで用を足していた

 

すると突然、目の前にまるで
貞子のような女が立っていた!

 

 

その女は、あの下村の50歳の男を
石で殺した女だった!!

 

 

その女は園山の匂いを嗅いで、そのまま何もせずに
フラフラと草むらの中に姿を消した

 

 

朝になり、村長に連れられ古びた庵を訪れる

 

そこには、白比丘尼(しろびくに)という
とても美しい尼さんが立っていた

 

 

伝説を知りたいという三神達を
庵の中の文書がある部屋へ案内する

 

その部屋には仕掛けがあり、三神達はまんまと
落とし穴に落とされしまったのだった!

 

 

脱出するため2人は洞穴をどんどん進んで行くと

 

そこに突然人の顔が!!

 

しかし、それは石仏の顔だった

 

無数の石仏が立っていて
そこで洞窟は行き止まりであった

 

 

「もう無理、私たちここで死んじゃうんです」
と園山が言う

 

そして、最後だから先生に聞きたいことがあると

 

夜中にうなされて読んでいる忍って人は誰なのかと

 

「私、先生に心を閉ざされたままお別れしたくないっ

だって私、先生のこと‥」 

 

その時、石仏の壁が急に動いて

そこからあの貞子のような女が現れたのだ!!

 

女は何も喋らない(いや喋れない?!)
園山の体のにおいを嗅ぐだけだった

 

その扉は向こう側からしか
開かない仕組みだったのだ

 

二人はその女の来た洞穴の道を
四つん這いになってついていく事に

 

三神の前には園山のお尻が目の前に‥

股間の割れ目がズボンの上からでもハッキリと見える

 

 

その先には座敷牢があった!!

 

そこには全裸の無表情な女の子が沢山いた

その顔は皆同じように似ていたのだった!?

 

この女達はいったい何者‥

 

二人はこの洞窟から脱出する事が出来るのか?

 

 

続きが気になるという人は
ここをクリック!

村祀り4巻

 

こんなエッチな表紙は
人に見られると恥ずかしいよね~!

特に女子は(笑)

だから私は電子書籍で読んでます!

まんが「村祀り(むらまつり)」4巻・第6章 ネタバレ 【変態住職の末路】

こんにちは!花子で~す('◇')ゞ

 

怪しくて隠微な世界にのめり込んでしまった私は

ハイブリッドの事など忘れて村祀り4巻を読むのでありました‥

 

4巻には二つの話が掲載されていて
一緒に書こうと思ったんですが


ネタバレが長くなったので
2つに分けて書くことにしましたので宜しく!

 

村祀り 4巻

違法者に灼熱の裁きを‥

 

また表紙の女子のオッパイがプリっと‥( *´艸`)

第6章 午王(ごおう)の村 

 

 一ヶ月前、「人形村」で起こった事件で

友達の里佳を殺された園山という大学生が

三神の古物店にやって来た

 

 

園山は親が離婚した事で、小さい頃から

親戚筋をたらい回しにされてきた

 

 

転校ばかりしていたので友達も出来ず

クラスで孤立していた時に仲良くなったのが里佳だったという

 

 

たった一人の友人だった里佳が

どうして殺されたのか知りたいと

三神の所へやって来たのだった

 

 

しかし、三神も分からないと言う

 

 

村は元々廃村で、後日尋ねてみたが 

妙な祭りも、温室も、惨劇の跡さえ無かったという

 

 

警察に話したところで笑われるだけだと

 

 

しかし、三神は自分でこの事件の事を

日本中をシラミ潰しに歩いてでも解明すると言うのだった

 

 

それを聞き、園山は助手としてついて行きたいとお願いし
一緒についていく事になった

 

 

三神は黒仏を探す為 、かつての恋人との因縁がある「牛首村」へ

 

 

その村は、園山が昔預けられていた親戚の寺がある村だった

 

 

寺の中では木仏を彫る住職の姿があった

 

そこに着物をきた年配の女がやって来てこう言うのだった

 

「例の約束まだですのん?

はよ果たしてくれへんといい加減
口閉じておくのがしんどうて‥」

 

それを聞いた住職は

「わかった、明日必ず」と、
何か脅されている様子だった

 

 

 

園山は野宿をするのが嫌で
牛首村の親戚の寺に行こうと三神を誘うのだが

 

三神は山深く古い村は難しいからと難色を示すのだが

 

園山は居候をしていた時の自分の道具があり
取りに行かなければならないと三神を説得し

 

 2人はその親戚の寺に厄介になることにしたのだった

 

 

 三神は次の日、村の様子見てくると言い、一人で出かけた

 

 

赤い屋根の建物の前で、小太りの年配の女に話しかけられる

 

 

三神は「萬丹庵」と書いてある建物はお寺ですか?と聞くと

 

その女は

「インチキ婆のインチキ宗教で村の恥だから見てほしくない」と言うのだった

 

 

その日の晩、村人達がタイマツをもって寺にやって来るのだった!

 

亜流尼(あるに)様が首を絞められ殺されていると!

 

 

その時、三神が昼間出会った小太りの女が

 

「あ、あの男、あたしゃアイツを見たよ、亜流尼の家の前で!

 あいつだ!あの男が亜流尼様を殺したんだ!」と

 

三神は犯人にされてしまう

 

そして三神が本当に犯人なのかを村の
「火起請(ひぎしょう)」という儀式で審判すると言うのだ

 

 

「牛王誓紙(ごおうせいし)」という紙を持った手で
焼けた球を掴み、無事ならば無実となる儀式だった

 

 

住職は「牛王誓紙」というその紙は特別製の紙で
数秒なら熱を遮断できるから、それで切り抜けようと言うが
そんな紙はある筈がない!!

 

 

そしてタイマツの前で儀式が始まってしまった!

 

 

三神が熱せられた鉄の玉を紙で受け取ろうとした時

 

 

「待って!」と白装束になった園山が現れる

 

 

自分が代わりに儀式を受けると言い、水を被る

 

水を被ったその姿は

 

着物が透けて体に張り付き
胸やお尻の形があらわになり裸同然であった

これです☟

 

住職が園山の手に焼けた鉄球を乗せると

園山は悲鳴を上げて気絶するのであった

 

しかし、手には何も火傷を負っていなかった

 

驚く住職と村人たち

 

 

自分たちの無実を証明し、三神が
「本当に裁かれりべき人間はだれですかね?」
と、問いかけると

 

 

あの小太りの中年女が突然

「あたしゃ知らない、あたしじゃない!
全部住職がやったんだ、あたしゃ頼まれただけさ!」と

 

住職の携帯電話をチラつかせ

 

「護厳なのは見かけだけで
実は乱れている中身をあの尼に知られてしまったからねぇ」と

 

 

それを返せと2人が揉みあっている内に
携帯が放り投げられ

 

それを取り戻そうとして住職は


鉄球につまずき、タイマツの炎の中へと突っ込んで行き
焼け死んでしまったのだった!

 

 

しかし、何故、住職は亜流尼を殺害したのだろう?

 

 

それは、あの小太りの中年女と住職の密通の現場を
偶然見てしまい、それをネタにゆすったからだった

 

 

そこに丁度良く、よそ者の三神達が村に来たので
罪をなすり付けたのだった

 

 

 

まあ、でもなんで園山は火傷しなかったんでしょう?

 

その秘密はエアロゲル

 

興味のある人はここをクリックしてね!

 ☟

エアロゲル - Wikipedia

 

 

それに、どうして住職は親戚中が預かるのが嫌で
たらい回しにした園山を受け入れたのだろう?
 (住職もハイブリッドだったんですね~!(笑))

 

 

「村祀り」4巻は無料で立ち読みができます!

ここをクリック!

 ⇓ ⇓

村祀り4巻

「抱けない花嫁」ネタバレ 【ボロボロのパンティー!?】

どうも!花子です
今日もまんが読んでます!( *´艸`)

 


花子はもうこのハイブリッド過ぎるイケメンに夢中です!

 

「抱けない花嫁」

 

 深海魚さんの作品で

「惚れない花嫁」

「イケない花嫁」に続く

「ない花嫁」シリーズの3冊目です

 

 

2人が結婚して1年が経とうと言うのに

希はまだ夫に対して緊張感のある生活をしていた

 

それは美嶋がいつも完璧で
まだ着れる下着でも
色褪せたからと捨ててと言う

 

それに対して希は

パンティーは破れるまで使う派

 

でも、セックス好きの美嶋
いつ脱がされるかわからないから

 

古いパンティーは履けない!

 

 

夫に見切られないように
常に万全でいようと毎日努力する

 

 

しかし、本当の自分を出せず
息苦しさを感じていた

 

 

そんな時、地元の友人から
結婚式の招待状が届く

 

 

2次会にも出席するという事で
外泊することになった

 

 

久しぶりに羽を伸ばせると
今まで捨てずに取っておいた

 

ボロボロの下着や化粧品のサンプル
使い古した旅行カバンの中に詰め込んで
結婚式場へと向かうのであった

 

 

そこで友人たちと楽しく過ごしていたのだが‥

 

 

そこに夫の美嶋からホテルの下にいると
電話が掛かってきた!!

 

 

夫は突然来てびっくりさせて
その後ホテルで希としっとり‥と考えていたようだが

 

希の方は、嬉しいどころか、真っ青!

 

だって、ボロボロのパンティーを履いているんだからー!!

 

 

そんな事も知らずに美嶋は希をベッドへと
押し倒すのであった‥

 

 

希の運命やいかに!!

 

 

どうなっちゃうんでしょうね~! 

 

 

この「ない花嫁」シリーズは
コミックスが出ているんだけれど

 

本屋さんで購入するのは
ちょっと恥ずかしい~!

 

でも読みた~い!と、いう人は
電子コミックがお勧めですよ!

 

無料で試し読みも出来るから
お得です!
(本屋さんだとビニール被ってて
中身見れないからね!)

 

 ここをクリックすると
試し読みのやり方が分かりますよ!

マンガを安全に無料で読む方法

※「抱けない花嫁」と検索してね!

 

「イケない花嫁」ネタバレ 【毎晩チョメチョメしないと即離婚?!】

どうも~!
今夜も怪しいハイブリッドな女、花子です(^'^)

 

  

「惚れない花嫁」の続編

「イケない花嫁」を読んでみました!

 

 

会社で「抱かれたい男No.1」の
美嶋と結婚した希だったが

 

 

会社では仕事人間で
エッチな事は一切言わないクールな男なのに

 

 

家では毎晩、希の体を求めるタフな男

(ハイブリッドな男だわ( ̄▽ ̄))

 

 

 「セックスレスになったら即離婚!」

(どんだけ好きもんなの?)

 

と美嶋から言い渡されているのだが

 


仕事が忙しくて、ちゃんと寝ないと
死んじゃいそう!!

 

 

毎晩、濃厚なセックスをされて体がもたない!! 

 

 

希は美嶋に股関節を痛めたとウソをついて

 

 

 

セックスを拒否!

 

 

 

それから気がつけば、2ケ月ご無沙汰

  

「セックスレスになったら即離婚!」

 

という言葉を思い出し、今度は希から美嶋に
誘いをかけるのだけれど‥

  

美嶋は氷のように希に冷たい

 

 このままだともしかすると離婚??

 

 

 

 このマンガが気になる人は

「無料試し読み」が出来ますよ!

 

こちらからどうぞ

   ↓

マンガを安全に無料で読む方法

検索窓に「イケない花嫁」と入力

 

 

「惚れない花嫁」ネタバレ 【ツンデレはモテる?】

どうも~!怪しいハイブリッドな女、花子です⁉

 

今回は「惚れない花嫁」を読んでみました!

何で私がこの本を読む気になったかって?

 

そりゃあ私だって再婚したいし
でも、相手がいないんじゃぁ~!!(;´д`)

 

まんがの中になら理想のイケメンが‥
と思い、読むことにしたんです(^^ゞ

 

 

このまんがは3シリーズあるんです

他2作品は「イケない花嫁」と「抱けない花嫁」で

登場人物は同じで、このお話「惚れない花嫁」

 

 美嶋と希が結婚するきっかけとなったお話が描いてあります!

 

 

その他に、4話み切りで 

クセのあるイケメン男子との恋愛が描かれていますよ!

 

 

惚れない花嫁日

 

2年半同棲していた彼氏に振られた希は会社の飲み会で泥酔…

  

気づけば社内で抱かれたい男ナンバー1の美嶋と

 

 ベッドイン!していた!

 

 クールでイケメンな美嶋は女性からモテモテなのだが
「彼女は作らない」と公言していた

 

そんな美嶋に突然  

「結婚してくれ、その目にホレた」

とプロポーズされる

 

 

 しかし、希は美嶋の気が変わる事を恐れ

 

わざと美嶋に冷たく接するのだが‥

 

 

春日さんの大予言

 

業績UP請負人の春日伸仁は
予告した通りに仕事の結果を出す事で

 

「予言者」
と、あだ名がつけられた

 

超有望で独身でイケメンなのだが
人格に問題があり過ぎで、1ヶ月後には
部下達から総スカンをくらう

 

その春日のサポート係を頼まれた真木田だったが
初対面5分で春日から

 

「1ヶ月後には君はこの会社にいないだろう」
と予言されてしまう!!

 

果たしてこの予言は当たるのか?

 

 

 

想定外ヴァージン  

 

 

経理課の23歳の女子社員、館山は
1から10まで予定を組まないと
不安でしょうがない性格

 

 

彼氏のエッチの誘いに対しても
事前準備があるから1か月前に申請して欲しいという始末

 

 

どうやってみんながセックスまで行っているのか?! 

男の人のスイッチがいつ入るのか全然わからない!!

 

 

ある日、会社の営業の川端君と食事をする事になり
悩みを打ち明ける

 

すると川端君がデートの企画書を作り
2人はデートをする事になったのだが

 

企画書通りに事は進まない

 

 

別れ際に川端にキスをされてしまう!

 

 

次の日、どうしてもキスの続きがしたくなり
館山自らラブホテルへと誘うのだった

 

 

シャワーを浴びようとパンティーを脱ごうとした時

 

指に力が入りすぎて

 

パンティーに穴がぁぁあああ!!!

 

 

館山はバージンから卒業できるのだろうか??

 

 

 

優しいのはお好き?

 

女性誰にでも優しい態度をとる
同僚の男、井伏が明日香は苦手だった

 

幼稚園の時「女の子には優しく」
と教えられてから女子に冷たく出来なくなり
本当は悩んでいるという事を知り
明日香はその癖を直す手助けをする事になった

 

 

「女性からのお願いはすべて断る」 

「女性を褒めたり余計な愛想をふりまくのは禁止」

 

 

という2つのルールを決め
破ったら罰としてデコピンされるという
痛いお仕置きが待っていた

 

井伏は癖を直す事が出来るの?

 

  

 

大っきい声出さないで!! 

 

舞未は入社して5年間
妻子持ちの係長に片思いをしていた

 

ある時、その係長が離婚した事を知った舞未は
ラブレターを書いて告白する事にしたのだが

 

会社で一番デカい声で、デリカシーのない男、荒木に


ラブレターを見られてしまう!!

 

 

荒木の事だから、会社のみんなに
言いふらすのではないかと思っていたが

 

オレとつき合っているけれど
うまくいっていない事にして

 

係長に悩みを相談している内に
係長に好きになってもらうという作戦を提案され

 

ウソの恋人同士を演じる事になってしまった!

 

 

荒木の計画通り、舞未は係長と結ばれる??

 

 

 

「惚れない花嫁」はまんが王国で
無料試し読みが出来ますよ!

 

 本当に無料なの?と不安な方は
こちらを読んでから試し読みをどうぞ

まんがを安全に無料で読む方法

検索窓に「惚れない花嫁」と入力してね!

 

 

まんが「村祀り(むらまつり)」3巻 ネタバレ 【隠れ遊郭】

どうも~! ハイブリッドな⁈花子です

 

前回に続き、「村祀り」3巻を読んじゃいました!

 

ま~!今回も艶めかしい2人の美女がすっぽんぽんの表紙ですね♡

 

 「村祀り」3巻

かつて流刑地だった島‥

 

 ※「村祀り」3巻の中には

>第4章「海蜘蛛の村」

>第5章「黒聖の村」

  の2話が収録されています

 

  第4章 海蜘蛛の村

王仁島は昔、流刑地だった

 

一般の船は島に出入りすることが禁止されていたが

その掟をを破って密航する船が後を絶たなかった

 

 なぜなら島にはが沢山いたから

 

そのため、この島は隠れ遊郭として賑わったという

 

 

客の中には中国の大海賊もいたという噂があり

当時のお宝が島に眠っているという

 

  

昔、峰田はこの村でレイプされそうになった事を三神に話す

 

 

そのとき海の中から何人もの手足の長い怪物が現れ、

 

 

次々にチンピラたちを殺し始めたという

 

 

気が付いた時には峰田はどこかの波止場に倒れていた
 あれは夢だったのではないかと思ったが

 

どこにも彼氏の姿は無かった

 

 

峰田は事件の真相と、殺された彼氏の亡骸を探しに
この島に来たのだと言う

 

 

2人は村の若い船頭に頼み祭りのある島へ行く

 

 

男には船着き場から動かずにいてくれと言い、島の中へ入っていった

 

  

男子禁制の島という事で、峰田にビデオを渡し

2人は別行動をする事にした

 

 

 海岸の方から何やら祭ばやしのような音が‥三神が行ってみると

 

そこには!!

 

 海岸で見た手足の長い化け物達が!!

 

 

 

 その頃、峰田は神社を発見し、中を調べていた最中に

 誰かが入って来た!!

 

それは、巫女と船頭の彼女だった!

 

 

二人は峰田がいる事も気付かずに

 

 

服を脱ぎ始め、女体をからめ合い 

淫らな行為をやり始めたのだ!!

 

 峰田は見つかると大変な事になると思い
その場所を離れようとした時

 

物音を立てしまった!

 

 

「誰ぞ!?そこにいる者は?出てまいれ~!」

 

 

見つかってしまったー!!

 

 もうダメだ!! 

 

出るしかないと思っていた峰田の前に??

 

  

船頭の姿が!?

 

 

自分の彼女が巫女と一糸まとわぬ姿で

愛撫をしている様子をとがめるのだが 

男子禁制という禁地を侵したと

 

 

巫女に首を刺され殺されてしまったのだ!!

 

 

それを見た男の彼女は、驚くどころか興奮し

 男の死体がすぐそばにあるというのに

 

もっと激しい愛撫を巫女に求めるのだった

 

 

 そこに村長の老婆が現れ、男が死んでいるのを目撃する

 

 

どうしてこの船頭が島に‥??

 

 

 感の鋭い老婆は、船頭が誰かをこの島に連れてきたのだと確信し、海岸へ‥

 

 

 危険を感じた三神と峰田は急いで船で島を離れるのだが
老婆も船で追いかけてくる

 

  

無我夢中で洞窟に逃げ込むのだったが

 

そこは「千餓鬼穴」という島の者でも決して立ち入らぬ場所で

  

入ったら最後

 

生きては帰って来れない天然の迷宮だった!

 

 

 

2人は無事に帰って来る事が出来るのか?!

 

 

‥続きが気になる人は

こちらからどうぞ

  ⇓ ⇓ 

「村祀り3」

 無料で試し読みが出来ますよ!

  

 

 

第5章 黒聖の村

㊟この話は「村祀り」2巻の「第3章ー呪仏の村」黒仏の話の続きです

 

 

夜皇ファーマーの未亡人から買った黒仏が三神の古物店から消えた

 

 

 昔、三神の学者仲間(恋人)が黒仏を探し
ある村で不可解な死を遂げていた

 

 

三神は再びその因縁の村に足を踏み入れるのであった

 

 

村は50年ほど前から廃村になっていた
しかし、建物の中に人の気配が‥?!

 

 

そこには‥

 一糸まとわぬ姿でキツネやサルのお面をつけた若い男女が

乱交パーティーをしていた!!

 

 

『独り暮らしの若者限定!!』
という募集を見て参加した若者達だった

 

 

しかし、その実態は
ドラックパーティー・麻薬(ハーブ)の祭りだったのである

 

 

違法ドラックの効き目を調べる実験材料として
若者達は集められていたのだった!

 

 

違法ドラックと、薬師の家系に伝わる木仏「黒仏」の関係は?

 

 

原材料の植物を集め、調合を繰り返し
ようやく形をなしてきた「黒聖」の秘薬「クグツ」

 

 

秘薬「ググツ」が完成すれば
ま黒さま(黒仏)の家来として利用できる

 

 

「ググツ」を飲ませ、強力な暗示にかけると

死を恐れず、殺し合いもいとわない生き人形を作る事が出来る

 

 

乱交パーティーの最中、意識がもうろうとした若者が
誤って使ってはいけない毒ガスを噴出してまった!

 

 

それは少量でも死に至る恐ろしいVXガス

 

 

 村にいる三神と峰田は死んでしまうのか!?

 

この漫画が気になる方は

こちらをクリック!

 ⇓  ⇓

村祀り3巻

 

まんが「村祀り(むらまつり)」2巻 ネタバレ 【黒仏の呪い】

どうも~!花子です🌺

 

今回のハイブリッドはこの話の中に登場する翠という女性で、二面性があるんですよ!

 

今日も貴方を不思議な世界にご案内致します

「村祀り」2巻

そこは閉ざされた村

 

 2巻の中にはお話が3話あり、別々の内容になっています

 

飛ばし読みしたい時は下の文字をクリック! 

第2章 冥洞の村

第3章 呪仏の村

第4章 海蜘蛛の村

 

第2章 冥洞の村

廃墟同然の狸穴村(まみあなむら)に文化財の存在を感じ

何時ものように三神は漢方薬の行商のふりをして訪れる

 

村は昔、硫黄鉱山で栄えていた

 

三神は村の入り口で、この村で行方不明になった大学教授を探しているという青山翠という女性と出会う 

 

 自分は、その教授の教え子だと 

 

 

翠の指にはアレキサンドライトの指輪が光っていた

 

 

若いのに高価な指輪をしている翠に何かを感じる三神であった

 

 

アレキサンドライトには

「二面性」「変わり身」という石言葉がある

 

 

その日の夜、翠は大きなネフライト(緑色をしたパワーストーン)の張形(勃起した男性の陰茎と同じ形をした器具)で

 

オ〇ニーにふけるのであった

 

その行為を、ガスマスク姿の何者かが覗き見ていた!!

 

 

三神と翠は村に滞在中に大学教授が転落死した事をテレビの報道で知る

 

 

村長の家に大学教授が残した遺品があった

 

 

それは 合蝉(がっせん)と言われるセミの形をした古代中国の呪の置物だった

 

 

地中から出て羽化する蝉のように

 魂の復活を願い、死人の口に含ませた副葬品であった

 

この合蝉があるという事は、この村の何処かに古代中国の貴人が葬られている可能性があると三神は感じる

 

翠もこの村の鉱山にお宝があることを確信し

 

 

興奮を抑えきれず、再び大きなネフライトの張形で自慰にふけるのであった

 

 

早速、2人はお宝を探しに洞窟へと入っていくのだが翠が突然!

 

 

胸をはだけて三神を誘惑する

 

不意を突かれた三神は洞穴へ突き落されてしまうのだった

 

翠はお宝を独り占めするつもりなのだ

 

洞穴に落ちて気を失っていた三神をガスマスクを被った男が助けてくれたのだ

 

 

その男は村長の息子だったが、生まれつき人並みの身体でなかった為


人目を隠して育てられ、後に廃鉱に放逐されたのだった‥

 

 

一方、洞穴の中で翠は国宝級のヒスイの置物を発見し

 

「バカね蛍介さん(教授のこと)‥素直に私にくれれば死なずに済んだのに‥」 と、つぶやいた

 

そして

「見ているだけで、濡れちゃう‥」

と、再び洞窟の中で自慰にふけるのであった

 

国宝級の高価なお宝を発見し、喜ぶ翠であったが

 

石の「意味」より「価値」を重視する欲にまみれた女に

 

山神様の祟りが‥!!

 

翠は一体どうなったの?!

 

 

この漫画に興味がある人はここから
無料立ち読みが出来ますよ!

こちらをクリック!!

  ☟

村祀り2巻を無料で立ち読み

 

 

第3章 呪仏の村

ある日、三神の古美術店に喪服を着た若い女が

 

木仏を買って欲しいとやって来た

 

その女は涼子という名前で、夜皇ファーマという製薬会社の会長の後妻だった

 

 

夜皇ファーマの会長は 涼子と夜の営みをしている最中窓ガラスに映る人影を見て

 

「く、黒仏‥が‥‥戻ってきおったアー!!」

 

と言って突然倒れ、そのまま死んでしまったのだ!

 

 

その木仏を涼子から預かり調べて行くうちに

 

三神は若い頃、彼女と行った十六夜村(いざよいむら)で見た黒仏の事を思い出す

 

 

涼子が持ち込んだ木仏は黒ではなかったが、調べていく内に水性のクレヨンで塗り替えられていた事が判明する

 

 

涼子が、会長があまりにも黒仏を恐れているので、色を塗り替えて、寝室に置いたのだった

 

イタズラで置いただけなのにあっさりと会長が死んだ事で

 

涼子はもう会長の目を盗んで浮気しなくても良くなり

 

 

若い男を部屋へ連れ込んでベッドの上で快楽を楽しんでいた

 

 

会長の全財産が自分に転がり込んで来て喜んでいた涼子だったが!


その部屋には何故か‥

三神に売ったはずの黒仏が!!

 

「夜皇ファーマ新会長就任のお祝だよ♡」

 

「困りますよォ勝手に手放されては‥取り戻すのに少し苦労しましたよ」

 

 

「あなたは夜皇の後継者なのですから黒仏もしっかり継いでもらわないと

 

 

と、さっきまでベッドの上で涼子と愛し合っていた若い男が言った‥

 

 

この漫画が気になる人は
ここをクリック!

⇓  ⇓  ⇓

 村祀り2巻はこちら

 

 

第4章 海蜘蛛の村

 

浜辺でいちゃいちゃしていた恋人達に村のチンピラ達が突然、からんで来た!

 

男性は、チンピラにナイフで刺されて殺されてしまう!

 

 

男性をそのまま放置し、チンピラ達は女性をクルーザーに乗せ無人島へと向かうのであった

 

チンピラ達は女性に暴行を加えようとする

 

 その時、海の中から何人もの

 

手足の長い怪物のようなものが!!

 

そしてその怪物のようなものは


チンピラ達の首を次々に切り落としていった!

 

 

 

それから時は経ち‥

 

三神とMr.ホーライはお宝を探しにフェリーに乗ってある村に向かっていた

 

フェリーには、訳ありな感じの若い女が1人乗船していた

 

 

島に到着し、三神が村を散策をしていると、そこにはフェリーで見かけた若い女、峰田がいた

 

次の朝、二人で浜辺を歩いているとなにやら人だかりが‥

 

 

覗いてみるとそこには

 

手足の長い、人のようなものが倒れていた!!

 

そこに村長だという老婆がやって来て

「ただの人形さ、どこぞの見世物小屋から流れて来たんだろう」と言った

 

 

「あれは‥人形?ううん、違う‥歩いていた!何人も‥海の中を!!」

 

それは昔‥

 

峰田はいったい何者なのか‥

 

 

 この漫画の続きが気になる人は

こちらをクリック!

⇓ ⇓ ⇓

まんが「村祀り」2巻