読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハイブリッドな花子の本棚

マンガの紹介とネタバレをしています

離婚届の用紙をもらいに「市役所」に行ったら、そこは「死役所」だった!? マンガのネタバレ

ハイブリットな?花子の本棚にようこそ(^-^)

 

この前「離婚届」を貰いに
(あれれ?花子あんた独身しょ?そう今は独身)
市役所に行ったら薄暗くてなんか変な感じ‥

 

歩いている人がみんな何処か怪我をしていて

まるで死んだ人みたい

よく見ると、そこは市役所ではなく‥

「死役所」だった!!

 

って、ことは!!

 

私、死んじゃったのー!!(いつの間にー!)

 

スミマセーン(^▽^;)!
またハイブリッドな?妄想が!

 

ギャンブルで借金ばかりしてた夫に嫌気がさして?!

もう別れてやるー!離婚だー!
今度の結婚記念日に離婚届を投げつけてやる!
と、思ったのだけれど‥

 

はて?離婚届ってどこでもらえるの?

 

そこでパソコンで調べていたら

このマンガ「死役所」に遭遇したって訳!

 

「死役所」って何??

 

へー!この世とあの世の境界に存在するらしい

 

なになに?死んだ人は
成仏するための手続きをする必要があるんだって

 

死因に応じて
「自殺課」「他殺課」
「癌死課」「交通事故死課」など
複雑に分かれている為

 

死者が迷わないように
「死役所」があるんだって

 


えーっとそれで!離婚届はどこに?


って、まだボケてんのかっ!!

 

 

死亡した日から49日以内に手続きをしないと
成仏出来なくなるんだって


(この世が幽霊だらけにならないようにしてくれてるんだね(笑))

 

そんな面倒な「総合案内係」を務めているのが
主人公のシ村(しむら)という男
(バカ殿じゃないよ~!シムラ違い(笑))

 

 

その男は、黒いスーツの黒ぶちメガネ
黒い髪を七三に分けている黒づくめの
いかにも「お役人」(いや、葬儀屋でしょ)
って感じの風貌なのである
(表紙の絵のオジサンです)

 

今日も色々な人(死者)がこの
「死役所」に訪れるのであった‥

 

 

最初はタイトルからして怖そうで
きっとホラーマンガなんだろうと、思ったけれど

 


絵もそんなに気持ち悪くないし‥って!


十分にキモイ!

 

だって、頭が半分無い人が歩いてたりするんだよ!
反対から見ると脳ミソとか見えてるし‥(笑)

(表紙の女子の事です)

 

 

現在は第6巻(2016年7月)まで発売されていて
今年の冬に第7巻が発売される予定のようです

 

あ~!死ぬ前に早く続きが読みたい!!

 

え?「離婚届」の話の方が気になる??

 

では、教えちゃいます!

 

離婚届は各市区町村の戸籍を扱う窓口で
「離婚届の用紙を下さい」と言うだけ

 


理由など聞かれないで
簡単に貰う事が出来ます

 

 

自分が住んでいない所の
市役所でも貰う事が出来るんです

 

 

ある市では、窓口カウンターに
封筒に入って置いてあるそうで


何も言わずに貰って来る事が出来るんだって

 

そして、書き終えたら‥

 

いざ!?離婚届を出しにいくぞ!

 

え?

 

本人じゃなくても良いの?

 

そーなんです!(カビラJさん登場~!)

 

離婚する片方だけや
第3者でも大丈夫なんです!

 

郵送でもOKってマジですかー!

 

そして、もっと凄いのが


郵送している最中に届人が
病気とか事故で死んでしまっても
生きている間に郵送した届書は
受け付けてくれるんだって!

 

 

まさに「市役所」ならぬ「死役所」だわ~!

 

 

お後がよろしいようで(笑)

 

 

「死役所」はここから立ち読み出来ます