ハイブリッドな花子の本棚

マンガの紹介とネタバレをしています

まんが「村祀り(むらまつり)」1巻 ネタバレ 【村の巫女の儀式が凄い!!】  

 どうも~!ハイブリットな花子の本棚にようこそ!

 

今回はちょっとセクシーなお姉さんの表紙に誘われて
読んじゃいました(≧▽≦)

 

いや~ン!セクシー!

 

 「村祀り」1巻

  村の祀りは他言無用‥

 

待て待て!この祀りって
最初なんて読むのか分からなかったんだよねー!

 

「まつり」と読むんだね!

 

祭りと祀りは何が違うの?って思わない?

 

という事で、調べてみると‥

 

祭りも祀りも一色単に解説されているので
絶対にこうだとは断言出来ないのであるけど

 

ある人の見解によると

 

現在祭りとは、セレモニーやフェスティバルのような
楽しい行事の事を指すのだけれど、昔は
宗教的な儀式を指したものだったと言う

 

祭りという字を分解してみると
示・肉・又(右手)を組み合わせたもので

 

示に従い、手に肉を持ちて供献する

 

つまり、祭壇に生贄の肉を手で供えてまつること
と言ったらしいです

 

一方、祀りは、神としてまつることだそうです

 

え~!そうなの?\(◎o◎)/!

 

逆だと思ってたー!

 

祭り怖いっ!!

 

 

はい!ではここからやっと漫画のネタバレ行っちゃいます!

 

 第1章 スイカズラの村 

 

民俗学に精通している学者、三神荒と
異国のブローカーMr.ホーライの2人が
 昔の「お宝」を探す話です

 

 

話の舞台になる「忍冬村」とは

 

蛇を神と信仰する村であった

 

 

その人里離れた山奥の村に2人は
村人たちに怪しまれないよう
漢方薬の訪問販売員を装い訪れるのである

 

 その村では 

「まれびと信仰」

 

 という昔からの伝統儀式があった

 

まれびととは村外の人の事を言い

神様としてもてなす事だという

 

それは巫女の家の子孫を作るため

 ”まれびと”から子種をもらう信仰‥

 

つまり

 

巫女の体を使って客人をもてなす信仰

 なのである

  

 

村で巫女をしていた母親が急病だと言われ

大学生の娘が村に呼び戻されたのだが

 

 既に母親は亡くなっていた‥

 

 村に戻る事が嫌だったが

 

自分が村に戻らなければ
まだ小さい妹が代わりに
巫女にさせられてしまうと思い

 

仕方なく大学を休学し
巫女を継ぐことにしたのだったが
村の信仰がどうしても嫌な娘は

 

 

自分は不妊症で子供は出来ないと嘘をつく

 

そして自分の身代わりに、大学の後輩の
処女である陽菜子を村に呼び寄せた

 

巫女になる為には、ある儀式をしなければならない

 

 

その儀式とは‥

 

 巫女を祭壇に乗せ、大蛇と交尾をする儀式で

大蛇の頭が女体に入りこんだ時、秘宝の剣で
大蛇の首を切り落とすという

「巳宿しの儀」という儀式だった!

 

  

身代わりを立てた事で自分は村を出て
自由の身になれると思っていたのだが‥村長に

 

「これで巫女が二人か‥楽しくなるわい 
不妊といってもお前はまだ若い、
数撃ちゃ当たるかもしれん」

 

 

と言われ、話が違うと逆上する

 

 

さらに母親は病死ではなかったのだ!

 

 

自分が大学に行くと言って村を出た事で
村人達が巫女を継ぐ者が途絶える事を危ぶみ

 

まだ幼い妹に
巳宿しの儀」を行ったのだった!

 

儀式を行っている最中に妹はショック死

 

 

それを知った母親も首を吊って死んだのだった

 

 

 真実を知った娘はショックの余り

 

秘宝の剣で村長を刺し殺し
自分も村長と共に炎の中に身を投げるのであった‥

 

 

秘宝の剣はMr.ホーライが探していたお宝であった

炎の中に投じられた剣は果たして無事なのか?

 

蛇と絡むなんて‥辺見マリかい!

 INFINITO―辺見マリ写真集

   INFINITO―辺見マリ写真

 

あ~!またハイブリット
しちゃいました(笑)スイマセン💦

 

漫画「村祀り」を読むなら

こちらをクリックをどうぞ!

      ⇓  ⇓  ⇓  

まんが「村祀り 1巻」