ハイブリッドな花子の本棚

マンガの紹介とネタバレをしています

まんが「村祀り(むらまつり)」2巻 ネタバレ 【黒仏の呪い】

どうも~!花子です?

 

今回のハイブリッドはこの話の中に登場する翠という女性で、二面性があるんですよ!

 

今日も貴方を不思議な世界にご案内致します

「村祀り」2巻

そこは閉ざされた村

 

 2巻の中にはお話が3話あり、別々の内容になっています

 

飛ばし読みしたい時は下の文字をクリック! 

第2章 冥洞の村

第3章 呪仏の村

第4章 海蜘蛛の村

 

第2章 冥洞の村

廃墟同然の狸穴村(まみあなむら)に文化財の存在を感じ

何時ものように三神は漢方薬の行商のふりをして訪れる

 

村は昔、硫黄鉱山で栄えていた

 

三神は村の入り口で、この村で行方不明になった大学教授を探しているという青山翠という女性と出会う 

 

 自分は、その教授の教え子だと 

 

 

翠の指にはアレキサンドライトの指輪が光っていた

 

 

若いのに高価な指輪をしている翠に何かを感じる三神であった

 

 

アレキサンドライトには

「二面性」「変わり身」という石言葉がある

 

 

その日の夜、翠は大きなネフライト(緑色をしたパワーストーン)の張形(勃起した男性の陰茎と同じ形をした器具)で

 

オ〇ニーにふけるのであった

 

その行為を、ガスマスク姿の何者かが覗き見ていた!!

 

 

三神と翠は村に滞在中に大学教授が転落死した事をテレビの報道で知る

 

 

村長の家に大学教授が残した遺品があった

 

 

それは 合蝉(がっせん)と言われるセミの形をした古代中国の呪の置物だった

 

 

地中から出て羽化する蝉のように

 魂の復活を願い、死人の口に含ませた副葬品であった

 

この合蝉があるという事は、この村の何処かに古代中国の貴人が葬られている可能性があると三神は感じる

 

翠もこの村の鉱山にお宝があることを確信し

 

 

興奮を抑えきれず、再び大きなネフライトの張形で自慰にふけるのであった

 

 

早速、2人はお宝を探しに洞窟へと入っていくのだが翠が突然!

 

 

胸をはだけて三神を誘惑する

 

不意を突かれた三神は洞穴へ突き落されてしまうのだった

 

翠はお宝を独り占めするつもりなのだ

 

洞穴に落ちて気を失っていた三神をガスマスクを被った男が助けてくれたのだ

 

 

その男は村長の息子だったが、生まれつき人並みの身体でなかった為


人目を隠して育てられ、後に廃鉱に放逐されたのだった‥

 

 

一方、洞穴の中で翠は国宝級のヒスイの置物を発見し

 

「バカね蛍介さん(教授のこと)‥素直に私にくれれば死なずに済んだのに‥」 と、つぶやいた

 

そして

「見ているだけで、濡れちゃう‥」

と、再び洞窟の中で自慰にふけるのであった

 

国宝級の高価なお宝を発見し、喜ぶ翠であったが

 

石の「意味」より「価値」を重視する欲にまみれた女に

 

山神様の祟りが‥!!

 

翠は一体どうなったの?!

 

 

この漫画に興味がある人はここから
無料立ち読みが出来ますよ!

こちらをクリック!!

  ☟

村祀り2巻を無料で立ち読み

 

 

第3章 呪仏の村

ある日、三神の古美術店に喪服を着た若い女が

 

木仏を買って欲しいとやって来た

 

その女は涼子という名前で、夜皇ファーマという製薬会社の会長の後妻だった

 

 

夜皇ファーマの会長は 涼子と夜の営みをしている最中窓ガラスに映る人影を見て

 

「く、黒仏‥が‥‥戻ってきおったアー!!」

 

と言って突然倒れ、そのまま死んでしまったのだ!

 

 

その木仏を涼子から預かり調べて行くうちに

 

三神は若い頃、彼女と行った十六夜村(いざよいむら)で見た黒仏の事を思い出す

 

 

涼子が持ち込んだ木仏は黒ではなかったが、調べていく内に水性のクレヨンで塗り替えられていた事が判明する

 

 

涼子が、会長があまりにも黒仏を恐れているので、色を塗り替えて、寝室に置いたのだった

 

イタズラで置いただけなのにあっさりと会長が死んだ事で

 

涼子はもう会長の目を盗んで浮気しなくても良くなり

 

 

若い男を部屋へ連れ込んでベッドの上で快楽を楽しんでいた

 

 

会長の全財産が自分に転がり込んで来て喜んでいた涼子だったが!


その部屋には何故か‥

三神に売ったはずの黒仏が!!

 

「夜皇ファーマ新会長就任のお祝だよ♡」

 

「困りますよォ勝手に手放されては‥取り戻すのに少し苦労しましたよ」

 

 

「あなたは夜皇の後継者なのですから黒仏もしっかり継いでもらわないと

 

 

と、さっきまでベッドの上で涼子と愛し合っていた若い男が言った‥

 

 

この漫画が気になる人は
ここをクリック!

⇓  ⇓  ⇓

 村祀り2巻はこちら

 

 

第4章 海蜘蛛の村

 

浜辺でいちゃいちゃしていた恋人達に村のチンピラ達が突然、からんで来た!

 

男性は、チンピラにナイフで刺されて殺されてしまう!

 

 

男性をそのまま放置し、チンピラ達は女性をクルーザーに乗せ無人島へと向かうのであった

 

チンピラ達は女性に暴行を加えようとする

 

 その時、海の中から何人もの

 

手足の長い怪物のようなものが!!

 

そしてその怪物のようなものは


チンピラ達の首を次々に切り落としていった!

 

 

 

それから時は経ち‥

 

三神とMr.ホーライはお宝を探しにフェリーに乗ってある村に向かっていた

 

フェリーには、訳ありな感じの若い女が1人乗船していた

 

 

島に到着し、三神が村を散策をしていると、そこにはフェリーで見かけた若い女、峰田がいた

 

次の朝、二人で浜辺を歩いているとなにやら人だかりが‥

 

 

覗いてみるとそこには

 

手足の長い、人のようなものが倒れていた!!

 

そこに村長だという老婆がやって来て

「ただの人形さ、どこぞの見世物小屋から流れて来たんだろう」と言った

 

 

「あれは‥人形?ううん、違う‥歩いていた!何人も‥海の中を!!」

 

それは昔‥

 

峰田はいったい何者なのか‥

 

 

 この漫画の続きが気になる人は

こちらをクリック!

⇓ ⇓ ⇓

まんが「村祀り」2巻